google-site-verification: google5fa21eb0c4b6db21.html

 

 

​美味しいお米をあなたの食卓へ

無農薬無肥料のお米。

このお米の販売をするかどうか、当初は意見が分かれていました。

 

それは、育てているうちにお米に愛情が芽生えてしまったからです。

 

無農薬無肥料栽培では人の手がとても入っています。

大切に取っておいた種籾の催芽から始まり、籾播き、育苗、田んぼの準備、田植え、毎日の水見、チェーン除草、田車除草、手取り除草、稲刈り、はざ掛け、脱穀、そして籾摺り・精米。(生育の様子はこちら

私たちにとっては生長をずっと見守ってきた、愛おしくてしょうがないお米たちです。それでもやはり、多くの方にめぐみの自然栽培米をご購入頂き、今まで召し上がっていたお米との違いを感じてもらいたい!と思い、販売することとなりました。

品種はかつてお米の両横綱と呼ばれた「ササニシキ」「コシヒカリ」

ササニシキ」は粘りは少なくさっぱりした口当たりで食味はうす味あっさりした感じです。口の中でふわぁ~とほぐれ料理を引き立てるシャイなお米と言えるでしょう。

ササニシキは平成5年(1993年)の大冷害をきっかけに生産量が激減し、今ではスーパーでは見かけることもなくなった希少な品種です。ササニシキの品種特徴である茎が伸びやすく細くて弱いため、栽培期間中に倒れてしまうということから栽培面積が減ってきました。

しかしめぐみのでは

①無肥料栽培によること

②生育を注意深く見守ることで倒伏を防ぎ

③除草剤を使わなくても雑草に負けない草取り方法の徹底

をすることで、十分な収穫量を上げることができるようになりました。

一方、「コシヒカリ」はしっかりとした歯ごたえもっちり感がありお米自体の味も濃く、しっかりしています。コシヒカリはアミロースやアミノペクチン、タンパク質の3つの成分バランスがとても良く、粘り弾力があること、さらにツヤ香りも優れ、冷めても美味しいのです。
 

最近はあっさりとした味のササニシキより、ねばりが強く味の濃いコシヒカリを消費者が好む傾向にあり、一般流通ではコシヒカリが大半となっています。

しかしめぐみのではこだわりを持って、伝統的な品種の両横綱を揃えることで、召し上がって頂く方のお好みに合わせてお米をご提供できるように取り組んでいます。

あなたのお好みに合わせてめぐみの自然栽培米をお楽しみください。

どちらの品種のお米もおいしく仕上がっています。​

私達が作ったお米を毎日召し上がって頂くことで皆さまの健康のお役に立てましたら嬉しい限りです。

令和元年産のお米の販売は終了しました。

​現在は令和2年度産の予約を受け付けています。

 

 

めぐみの米​ ラインナップ

めぐみの自然栽培米は、

①買いたい時に買いたい量をその都度ご注文いただく【単発購入】 と

②10%お得な【年間定期購入】

の2つのご購入方法があります。

ササニシキ・コシヒカリ の品種もおりまぜながら選ぶことも可能ですので、ご家庭のご都合やお好みに合わせてご検討下さい。

【 単発購入 】

まずは1回だけ、単発で欲しい方にオススメです!

​※申込みフォームからご希望の分搗き(玄米・5分・7分・無洗米白米)をお選び頂けます!

※別途、地域ごとの送料がかかります。(送料はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 年間定期購入 】

1回のご注文で定期的に宅配して欲しい方におススメです。

【単発購入】よりも10%お得な価格となっています。

開始から一年間、ご指定の回数(毎月1回・2ヶ月に1回・3ヶ月に1回)でお届けします。

※申込みフォームからご希望の分搗き(玄米・5分・7分・無洗米白米)をお選び頂けます!

​※別途、地域ごとの送料がかかります。(送料はこちら

 

 
 

 

 

お米つくりのご紹介

自給農園めぐみのでは八ヶ岳の南、標高650mの田んぼでお米を育てています。​

全て自然栽培・無除草剤・ハザ掛け・​天日干しで栽培しています。

卯月(4月)

【塩水選・温水消毒・浸水】

種まきの10日前に塩水で未熟な種を浮かせて充実した種を残す『塩水選』を行います。

塩水選後は60℃のお湯に10分間つけて種籾についている病原菌を殺す『温湯消毒』を行います。温湯消毒後は10℃の水に10日間浸水し、芽出しをします。​

​【種もみまき】

浸水後10日間ほどで発芽した種籾をトレーにまいていきます。

 

皐月(5月)

​【田植え】

いよいよ田植えです。2日前に代掻きを済ませておいた田んぼに、

4条植えの田植え機を使って植えていきます。

乗用ではないので、機械はとても重く、泥の中を機械を進めるのは骨が折れます。

ですが、手植えの何倍もの速さで植えられます。

イベントではみんなで手植えを行います。

田んぼに水が入ると、すぐにカエルの大合唱がはじまります。​

水無月(6月)

​【草取り】

まだ稲の苗は小さく、根も張り始めたばかり。

雑草の芽がまだ見えないうちから田んぼに入って水の中を歩いてひと株ずつ草を取ります。雑草は次々と発芽して生えてくるので田植えから1ヶ月間は1週間に1度のペースで田んぼに入り、全面を草取りします。

 

文月(7月)

​【草取り】

梅雨の雨と夏の太陽で稲の生長が進みます。大人の膝くらいの高さになっています。

稲もよく成長しますが、草もよく生えてくるので、まだまだ草取りに気が抜けません。 

 

葉月(8月)

​【稲の花の開花・成長を見守ります】

稲の生長もピークです。草丈1mくらいになったでしょうか。

この頃には稲の根は十分に広がり、稲の葉で地面は日影になり雑草の種も発芽しにくくなります。加えて、除草剤など使わないのでイトミミズが田んぼの表面にトロトロした層を作り、さらに草の種の発芽を阻んでくれます。

稲の花が咲くのもこの頃です。若い稲の穂の間から白い小さな糸のような花がのぞき、花の香りがふんわりと田んぼに広がります。受粉に支障が出ないよう畔からそっと見守ります。

長月(9月)

【稲刈り・はざ掛け・天日干し】

下旬ごろ稲刈り・はざ掛けです。

天気が良く、田んぼの泥が乾いてぬかるまない日を選びます。

バインダ―という機械を使って稲を刈りながら束ねて、それを手作業でウシと呼ばれるはざ掛けの棒に掛けていきます。

神無月(10月)

【脱穀・稲わらくばり】

お天気が続けば、稲刈りから約1週間で脱穀ができます。脱穀機という機械を使ってバリバリと脱穀していきます。

そのままチッパーという機械で、稲わらを田んぼに敷き詰めていきます。この稲わらは田んぼの微生物に分解され、来年の稲が成長するための養分に変わります。

機械の轟音の中、黙々と脱穀・チッパー作業をして、その後何十袋というお米の袋を担いで米蔵に保管します。

かなり重労働ですが収穫できたお米の充実が疲れを癒してくれます。

霜月(11月)

【籾すり・精米】

脱穀したお米はモミの状態のままで保管されていますので、精米に出します。

玄米や白米になって初めて食べられるようになります。

その年に取れたお米は年内に籾すりされたものが新米と呼ばれています。

​めぐみの の新米はとてもあっさりとした味です。一冬超えると甘味と旨みが乗って来ます

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

自給農園めぐみの

〒408-0013 

山梨県北杜市高根町蔵原3208-2

TEL 080-4199-0243

FAX 0551-45-7640

mail megumino0831@gmail.com

Copyright(C) 自給農園めぐみのAll Rights Reserved.